« 「日本の電力会社・電力事業の再編成のきっかけがこのプロジェクトではじまった」 天然ガス発電所リプレースプロジェクト始動。8/16猪瀬副知事ぶさらがり会見速記録 | トップページ | 猪瀬直樹ブログは公式ホームページに移転しました »

2012年8月30日 (木)

夕張でこれから降車口の脇に「都営バス」という文字の書かれたバスを見かけることになるだろう。もちろん東京都が経営するわけではない。

 夕張でこれから降車口の脇に「都営バス」という文字の書かれたバスを見かけることになるだろう。もちろん東京都が経営するわけではない。Img_5368

 東京都庁を夕張市の鈴木直道市長に8月30日木曜日、東京都から中古の都営のノンステップバス1台(63人乗り)を寄贈した(写真右)。

 バスは1999年製で、車内にはベビーカー用固定ざせ。通常、乗降人員も多い都営バスの場合耐用年数は12年~15年程度だが、地方ならば20年使うバス会社はすくなくない。

 財政破綻した夕張市では、東京23区と同じ広さである。市内6校あった小学校が1校に、3校あった中学校が1校に統廃合。市内を走る夕鉄バスのルートも変更された結果、従来のバス停にはあった敷石がなく、乗車するのに段差のあるバス停が増えた。夕張のお年寄りや通学児童にはノンステップバスは助けになる。

「東京ではノンステップバスは当たり前だが、夕張には1台もない。交通局はいま東電株式の配当がなくなって経営たいへんだけれど経費節減でがんばっている。今回は1台だが、経営がよくなれば、さらに1台と支援していきたい」。東京からできるだけのことをやっていきたい。(猪瀬副知事)

「市内の子供も60%以上がバスで通学している。また65歳以上のお年寄りが人口の45%を占めており、たいへんありがたい市民の足になる」(鈴木市長)

|

« 「日本の電力会社・電力事業の再編成のきっかけがこのプロジェクトではじまった」 天然ガス発電所リプレースプロジェクト始動。8/16猪瀬副知事ぶさらがり会見速記録 | トップページ | 猪瀬直樹ブログは公式ホームページに移転しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552820/55540877

この記事へのトラックバック一覧です: 夕張でこれから降車口の脇に「都営バス」という文字の書かれたバスを見かけることになるだろう。もちろん東京都が経営するわけではない。:

« 「日本の電力会社・電力事業の再編成のきっかけがこのプロジェクトではじまった」 天然ガス発電所リプレースプロジェクト始動。8/16猪瀬副知事ぶさらがり会見速記録 | トップページ | 猪瀬直樹ブログは公式ホームページに移転しました »