« 中山義隆・石垣市長が東京都庁に『尖閣研究』を寄贈 | トップページ | 7月10日(火)日本テレビ系「ミヤネ屋」 「政府『国有化』方針に東京都は? 猪瀬副知事に宮根が直撃!!(電話出演) »

2012年7月 6日 (金)

原発事故の原因は「入社や入省年次で上り詰める“単線路線のエリート”」による人災(国会事故調査委員会報告書)。東京モデルで解決策を示す

 東京都庁に「庁議」という閣議のような会議がある。中山市長との面談が終わったあとに開かれた庁議で、僕は以下のように発言した。

 昨日、国会事故調の報告が出て、みなさんニュースでご存知だと思いますが、こういう言い方をしているんですね。

「入社や入省年次で上り詰める“単線路線のエリート”たちにとって、前例を踏襲すること、組織の利益を守ることは、重要な使命となった」

 これが東電の事故の原因ですね。経済産業省やあるいは東電に対して言っているんですけれども、これから、霞が関のタテ割りとか東電の無責任とか変えないと、日本のエネルギー政策というのはどうなるかわからない。

 東京都として、どこまでやれるかということを考えてみたい。東京都には、資源エネルギー庁にあたる部署はないんですが、今回、(僕の)担任事項として、「電力システム改革・エネルギー政策の推進」とある。できるだけ、皆さんの力を借りて、横串を指しながらプロジェクトをつくっていって、東京モデルを出しながら、国家の運営というか霞が関に対して、国民のために都民のために、有効な手立てを講じたい。

|

« 中山義隆・石垣市長が東京都庁に『尖閣研究』を寄贈 | トップページ | 7月10日(火)日本テレビ系「ミヤネ屋」 「政府『国有化』方針に東京都は? 猪瀬副知事に宮根が直撃!!(電話出演) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552820/55133482

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故の原因は「入社や入省年次で上り詰める“単線路線のエリート”」による人災(国会事故調査委員会報告書)。東京モデルで解決策を示す:

« 中山義隆・石垣市長が東京都庁に『尖閣研究』を寄贈 | トップページ | 7月10日(火)日本テレビ系「ミヤネ屋」 「政府『国有化』方針に東京都は? 猪瀬副知事に宮根が直撃!!(電話出演) »