« より早期に「都営地下鉄でメールを」が実現する | トップページ | アムステルダム副市長は43歳の女性。義援金8億5000万円エライ。 »

2011年5月23日 (月)

川崎天然ガス発電所(非東電)を見てきた。発電効率58%。地産地消を考える。

 川崎天然ガス発電所Dsc00428_2を視察した。

 原子力発電に代わる天然ガスによる火力発電とはどういうものか。 川崎天然ガス発電所は、東京ガスとJX日鉱日石エネルギーが出資して設立され、08年に営業運転を開始した。

 液化天然ガス(LNG)を燃料に、ガスタービンを回して発電するだけなら、ふつうの火力発電所とかわらない。この川崎天然ガス発電所はさらに、排熱で水を蒸気に変え、蒸気タービンを回転させる。二重の発電方式を組み合わせた「コンバインドサイクル発電所」だ。

 見てわかるのは、コンパクトな土地でできるということ。6万平方メートルに1号機と2号機の2基が建てられている。1基42万kW×2基で84万kWの発電出力だから、原子力発電1基分に相当する。

 敷地内では、タービン、蒸気タービン、発電機、冷却塔がそれぞれに縦列をなし、これが2系統ある。冷却方式は工業用水。日本国内では海岸沿いに発電所を建て、入手しやすい海水を利用することでコストを抑えることが多いが、かならずしも海岸にこだわる必要はないのだ。

 東京電力の火力発電所の発電効率の平均は42%。100のエネルギーを持つ燃料に対して、4割しか電気を取り出していないということだ。これに対してこのコンバインドサイクル発電所の発電効率は58%で、東電の1.5倍。窒素酸化物の排出量もすくない。

 これからは、原子力発電で集中的に電力をつくりだすのではなく、それぞれの都市近郊で電力を分散型でつくりだす“地産地消”を考える必要がある。

Img_2415

 川崎天然ガス発電所の2基は月曜日~土曜日の午前8時~夜10時まで、夜間や日曜日は操業していない。“火”を落とすことがない原子力を活用する東京電力は、夜間料金を安く販売しており、競争にならないからだ。

 しかし、福島第一原発事故を見てみれば、原子力発電のコストには、事故の賠償費用が計算されてこなかった。発電コストとは何なのか、もういちど検証する必要があるだろう。

「脱原発」と言っても、すぐに太陽光発電で都市生活のエネルギーをまかなうことができるようになるには10年20年かかる。現実的な代替エネルギーを考えていかなければならない。

視察の模様はNHKの夕方6時台、8:45の首都圏ニュースでもとりあげていました。http://bit.ly/lBB6rb

|

« より早期に「都営地下鉄でメールを」が実現する | トップページ | アムステルダム副市長は43歳の女性。義援金8億5000万円エライ。 »

コメント

素晴らしいです!こんな方式の発電所があったのですね。このような発電所の可能性が広がるとよいです。本当に一縷の光のように見えます。うまく言葉に表せないけど、本当に良いお仕事をなさっていらっしゃるのですね。できるだけ多くの方に知ってもらいたいですね。さすがです。お疲れ様でした!

投稿: mayuri sasaki | 2011年5月24日 (火) 00時15分

燃焼ガスでタービンを廻すと燃焼ガス圧力でタービンが廻り廃棄ガスには未だ熱エネルギーが残存している。この熱エネルギーで水を沸騰させ再度、蒸気圧力エネルギーでタービンを廻す。正にコンバインですね。これを分散型で“地産地消”とは素晴らしい。
汎用化で最っと改良されて行くでしょう。その内、各家庭・工場でもLEDライト・UPS(無停電装置)等の改良で省エネ分と合わせれば発電者と使用者の融合で猪瀬氏の発想が正解となる。私も同感であり推奨する。

投稿: 有地 功 | 2011年5月24日 (火) 00時57分

代替エネルギーについては、本気で考えるべき。いったん事故が起きれば兆単位で損失が生まれる原子力が、コスト安なんてとても思えない。

投稿: masato onodera | 2011年5月25日 (水) 01時37分

長野県に住むエンジニアです。
猪瀬様の切り口について楽しみの読ませていただいております。

ガスタービンの発電も効率が高いですが、次の技術としてSOFCタイプの燃料電池のほうが効率が高く、発電と熱回収を含めると60%~70%を実現できそうなものです。知識の中に入れてください。

安定発電をガスタービンや地熱、燃料電池にて行い病院など止められないところへの供給と、そして不安定発電(太陽光や風力)+2次電池でも安定供給可能になってくれれば、原子力に頼らない社会ができると分析しています。

また、個人が購入する電気の質を選択して購入できればと思います。私は原発以外で発電された電気を買いたいです。

これからも応援しております。

投稿: 応援しています! | 2011年5月31日 (火) 11時00分

LNGを利用したコンバインドサイクル発電は原発事故以前から、C02排出量の少ない有望な技術であることは、シェールガス開発によるLNGの劇的な価格低下とともに、メディアでは何度も取り上げられています。3月7日にも日経で取り上げられています。
ところが原発事故以来、なぜか原子力か自然エネルギーかの二者択一のような議論ばかりで、コンバインドサイクル発電が一番有望なのに、これを考慮に入れている識者はほとんどいません。私は呆れています。古い火力発電所をすべてこれに置き換えれば原発は不要です。

投稿: Kenji Fukumoto | 2011年6月11日 (土) 22時45分

応援しています!さんの切り口は新鮮でした。エネルギーの世界の多様性も、これから重要になってくると思います。
まずは、みんなが知ること。いらない規制や業界間のしがらみは解いて行くこと。そのために民から官に働きかけ、市民は政治家を選ぶこと。すごく大事な流れだと思います。今こそ変われるときです。

大人の皆さん、よろしくお願いします。

高校生も、環境問題のことを真剣に考えようとしています。
http://kankyo-forum.sfc-js.keio.ac.jp/movement/index.html

それでは、失礼しました。
メール等お待ちしています。
js7088yt@live.jp
koukanren@hotmail.co.jp
twitter:@js7088yt @koukanren

投稿: たっきー | 2011年7月29日 (金) 17時04分

早期に東京でも実現させてほしいものです!
保守的な視点からの現実的な脱原発を実現するために
東京都がオピニオンリーダーになっていきましょうよ!!

投稿: Ryo | 2011年10月13日 (木) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552820/51750943

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎天然ガス発電所(非東電)を見てきた。発電効率58%。地産地消を考える。:

« より早期に「都営地下鉄でメールを」が実現する | トップページ | アムステルダム副市長は43歳の女性。義援金8億5000万円エライ。 »